DIGITAL SOLUTION Div.
Sales Solution Digital Solution Design Consulting
お問い合わせ
樹脂成型品の金型のリバースエンジニアリングによる
金型アーカイブデータ作成

金型は生産工程において、成形加工の仕上がり具合をみながら、樹脂素材の引け(素材の収縮による)等の発生を見越した金型現物の微調整が職人の手によってかけられることが往々にしてあります。この点は、金型がマスターであり、製品をつくる根幹となる所以です。CAD図面データを元に金型が作られても、最終的な微調整を含めた情報の管理は難しく、その場合、金型現物の3Dスキャンが有効です。
金型の管理・廃棄問題の対応策としても3Dスキャンによる金型情報のデータ化は注目される技術です。

1.現物をスキャン
2.CADデータ化
3.スキャンデータとCAD寸法確認
4.スキャンデータとCAD寸法偏差チェック